2014/10/04

SafariからのEvernoteクリップが簡単になりました(iOS8)

Safari Evernote iOS8

 動作環境: iOS8.0.2, iPhone6

iPhoneの標準ブラウザであるSafariから、Evernoteにページをクリップするのは意外と手間が掛かっていました。
(別のアプリを使ったり、Evernote専用アドレスにメール送信したり・・・)

今秋ついにiOS8にアップデートされて、格段にやり易くなりましたので、操作方法を紹介します。


Safariで保存したいページを開きます。
続いて、下のツールバーのアクションボタンをタップします。(ツールバーが表示されていない場合は、少し下にスクロールしてみてください)


連携するアプリの一覧が表示されます。
初期設定ではEvernoteが表示されていないので、「その他」を選びます。
(最初だけこの操作が必要)


アクティビティの一覧にEvernoteが表示されています。
スイッチがOFFになっているので、一回タップしてONの状態にします。
続けて「完了」ボタンで一覧を閉じます。


再びさきほどの連携アプリ一覧画面へ。今度はEvernoteが表示されていますので、選択します。


保存したいページであることを確認して、右上の「保存」をタップします。
保存の操作は以上です。

(タグを変更する場合はウィンドウ下部(図の「〜ノートブック」)から変更できます)


それでは保存されたページを確認してみます。
Evernoteのアプリを開いて、ノートの一覧を表示します。
保存したページが一番上に表示されています。


開いてみます。
きれいにクリップできました。

操作も簡単になりましたが、何よりも標準アプリだけで完結してしまうのがうれしいですね。